ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第16回】 2011年9月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

再開さ。
9月19日(月)~9月25日(日)

1
nextpage

16回目を迎えるムラタ日記、実は2週間お休みしていました。これが謝るべきことなのか、それとも反対に、再開したことを謝るべきことなのか、よくわからないまま何気なくスタートします。これまでもテイストの変化を重ねてきた本連載、またもやの変化です。

失って初めて気づくもの
失ったことにさえ気づかないもの

 「この日記を休んだとしたら、気が付いてくれる人はいるのだろうか?」

 そんな本連載編集担当のC鉢からの素朴な疑問をもとに、密かに2週間お休みをしてみました。結果は、社内外ほとんどリアクションがない寂しいものに。ということで、仕切り直して粛々と再開します。

 現在は、担当している改訂版の年内発行に向けて作業を進めていて、書籍作りの具体的な内容を必死で勉強しているところです。先日もN嶋編集長をつかまえて「本文デザインとは何か?」について、みっちり教えてもらいました。

 喫煙所で顔を合わせる同僚にも、「原稿が完成する過程を知りたいので、編集前の原稿を見せて欲しい」とお願いしてみたりと、分からないことをとにかく質問しまくっています。笑顔で対応してくれている同僚も、そろそろ嫌そうな顔をしてくるころだと思いますが、空気を読まずに続けていくつもりです。

 制作の過程のなかで、ひとりひとり全く異なる答が返ってくるものがありました。「装丁のイメージってどうやって伝えるんですか?」という質問でした。優秀な編集者でも毎回とても苦労しているようで、こればかりは経験のなかで試行錯誤していかなければならないようです。

「使いたい写真と色のイメージだけ決めておいて、あとは打ち合わせながら決めていく」
「とにかく本の内容をしっかりと伝える」
「完成イメージを固めてから装丁家の方に持って行く」

 と、まさに人それぞれといった様子で、芸術的なセンスが皆無の自分にとって最も苦戦する仕事になりそうです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧