9月8日、フィリピン、マレーシア、タイなど東南アジア諸国は、中国経済の好調を支えに高成長を謳歌している。しかし中国への依存を深めるにつれて中国政府の意向に逆らいにくい立場に立たされており、政治的あるいは経済的に「ツケ」を払うことになるかもしれない。タイ首都バンコクのビジネス街で2015年5月撮影(2017年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[香港 8日 ロイター] - フィリピン、マレーシア、タイなど東南アジア諸国は、中国経済の好調を支えに高成長を謳歌している。しかし中国への依存を深めるにつれて中国政府の意向に逆らいにくい立場に立たされており、政治的あるいは経済的に「ツケ」を払うことになるかもしれない。

 中国は資本流出を食い止めようと躍起だが、それでも東南アジアに資金を投入しており、習近平国家主席が提唱する現代版シルクロード構想「一帯一路」に絡むインフラプロジェクトがその大部分を占める。

 また中国人旅行者が東南アジア各地の観光地に押し寄せているほか、対中貿易も大幅に増加している。

 ロイターの試算によると、インドネシアとマレーシアの対中輸出は上半期に40%以上増加。タイとシンガポールは約30%、フィリピンは20%以上増えた。

 中国との経済的結びつきは東南アジア諸国にとってありがたいものだが、中国との間で南シナ海の領有権問題を抱えるベトナムやフィリピンにみられるように、政治的な悩みも生む。

 中国が我を通すために経済面から圧力を掛けるリスクは増している。IHSマークイットのアジア太平洋チーフエコノミスト、ラジブ・ビスワス氏は「東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の対中輸出増加で、地政学的リスクに対して脆弱になる恐れが高まっている」と話す。