[北京 12日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は12日、世界経済は回復しているものの、政策の不確実性や保護主義の脅威によって容易に(回復の)軌道から外れる可能性があるとの認識を示した。訪問先の北京で語った。