[ワシントン 11日 ロイター] - 米運輸安全委員会(NTSB)は、テスラ<TSLA.O>の電気自動車で起きた衝突死亡事故について、同社の自動運転(オートパイロット)機能が原因の1つだとの結論を記した報告書を12日に公表する。事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。

この事故は昨年5月、テスラの「モデルS」を運転していた40歳の男性がフロリダ州でトラックに衝突して死亡したもので、その際にオートパイロット機能が作動していた。

関係者の話では、オートパイロット機能は運転手に相当の期間、ハンドル操作や路上に対する注意をしないで済む環境を許容してしまったので、事故の一因になったと判断されたとみられている。

NTSBは、テスラが運転手の過失やオートパイロット機能の間違った使用を防ぐためにもっと対策が講じられたはずだとの見解も報告書に盛り込む見通しだ。

ただ死亡男性の遺族は11日、法律事務所を通じた声明で、事故はテスラ車のせいにするべきではないとの考えを示した。