[ローマ 12日 ロイター] - イタリア財務省のチーフエコノミスト、リカルド・バルビエリ氏は12日、今年の同国経済が最大1.5%拡大するとし、成長率が第3・四半期に加速するとの見通しを示した。

同省の予想では今年の成長率は1.4─1.5%で、政府の公式予想の1.1%から加速する見込み。また、来年も政府予想の1.0%を超える1.2%以上となりそうだという。

関係筋は6日、ロイターに対し、財務省が今月発表する経済見通しで今年の経済成長率予想が従来の1.1%から1.4%か1.5%に引き上げられると明らかにしていた。新たな公式予想は今月後半に発表されるという。