ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

クラウド革命で自在に伸縮するネットワークの境界
“すばらしい新世界”がもたらす
セキュリティの難題と企業に求められる対処法
――トレンドマイクロ エバ・チェン社長兼CEO

【第6回】 2011年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

英国の作家オルダス・ハクスリーが1932年に発表した「Brave New World」(邦題「すばらしい新世界」)は、ユートピアとは限らない機械文明の行き着く先を描いた。その小説のタイトルにヒントを得て、トレンドマイクロのエバ・チェン社長兼CEOは、自らが携わるビジネスの世界を、「Brave New (Security) World」と呼ぶ。その言葉には、ネットワーク経由で各種ITリソースが提供されるクラウドコンピューティングというユートピア到来への期待とその過程で生まれる様々な課題、特にセキュリティ上の課題解決への覚悟が込められている。クラウドセキュリティのNo.1を目指すと宣言した気鋭の経営者に、新時代への処方箋を聞いた。
(聞き手/ダイヤモンド・オンライン編集長 麻生祐司)

――クラウドコンピューティングの普及で、ネットワークセキュリティ・ビジネスはどう変わったか。

エバ・チェン(陳怡芬) トレンドマイクロの代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)。1988年、米テキサス大学でMBA(経営学修士)およびMIS(経営情報システム修士)取得。同年5月、トレンドマイクロ台湾法人に入社。1994年に米国法人の業務執行役員に就任(現任)。本社監査役、取締役技術開発部門総括責任者等を経て、02年3月に取締役CTO、05年1月1日から現職。スティーブ・チャン会長(前社長)の義理の妹。1959年2月23日生まれ。台湾出身。

 その問いへの答えに行き着くための第一のキーワードは、“境界”の伸縮だ。社内や企業グループ内などに閉じられたサーバやクライアントの組み合わせによる階層構造だった従来のコンピュータネットワークの世界では、自他のネットワークの境界がはっきりしており、ファイアウォールやウイルス総合対策ソフトなどを境界線で駆使することによってセキュリティの確保を目指せば良かった。

 しかし、インターネット経由でデータセンターにアクセスし、アプリケーションやその他のITリソースを利用するというクラウドの世界では、その境界はかなり曖昧化し自在に伸縮するばかりか、場合によっては事実上消失しまう。しかも、そのデータセンターにアクセスする端末も社内のネットワークに直結しているデスクトップPCやノートPCだけでなく、スマートフォンやタブレットコンピュータなど多岐に渡り、アクセス場所も国外かも知れず、その間に介在するネットワークも複数に及ぶ。

 もはや、どこからどこまでが自社のネットワークか簡単には定義できない時代となった。たとえば、私自身、モバイル端末を使って、海外のホテルや会議場から会社のネットワークにアクセスすることがある。このような時代環境のもとで、会社のクライアントサーバネットワークのことだけを考えていていいわけがない。われわれが顧客に提供するネットワークセキュリティ・サービスも必然的にこうした時代の大きな変化に対応しなければならなくなった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧