[フランクフルト 13日 ロイター] - ドイツの医薬品・化学大手バイエル<BAYGn.DE>は13日、化学素材を製造するコベストロ<1COV.DE>株1900万株を総額12億ユーロ(約14億ドル)で追加売却したことを明らかにした。これにより、出資比率は40.9%から31.5%に低下した。バイエルは中期的に、コベストロとの資本関係を解消する計画で、段階的に株式売却を進めている。

バイエルは、コベストロ株を1株当たり63.25ユーロで機関投資家に売却。売却価格は12日の終値を3.7%下回る水準となった。共同ブックランナーはバークレイズ<BARC.L>とシティグループ<C.N>。

バイエルは2年ほど前に、コベストロをスピンオフした。これとは別にバイエルの年金基金がコベストロの8.9%株を保有している。