[パリ 14日 ロイター] - ルメール仏財務相は14日、 欧州連合(EU)が検討するグーグル<GOOGL.O>やアマゾン<AMZN.O>など大手IT企業への課税強化策について、フランスが主導する案に賛成する国が数日内に増えるとの見通しを示した。

フランスは課税を利益ベースではなく収入ベースにするよう提案しており、ドイツやイタリア、スペインなどが賛同している。

ルメール氏はこの案を16日にエストニアの首都タリンで開かれるEU財務相会合に提示する方針。

同氏は「他の欧州諸国が16日朝にフランス案に賛同するだろう」とし、早期に実現したいとの考えを示した。