[ワシントン 14日 ロイター] - 米商務省は14日、11月中旬に予定されるトランプ大統領の訪中に際し、ロス商務長官が通商使節団を率いることを明らかにした。

同省によると、使節団はマルチセクターで構成され、「米中企業間の商取引の促進を通じ二国間の商務関係を前進させるほか、米企業が直面する中国市場への参入障壁について対処していく」と説明した。

米高官は今週ロイターに対し、トランプ大統領が11月に予定するアジア歴訪に合わせ中国を初訪問する公算が大きいことを明らかにしている。