[ロンドン 14日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のカーニー総裁は、利上げの可能性が「確かに高まった」との認識を示した。

テレビインタビューで「微妙にバランスをとる行動の方向が変わりつつあり、インフレを2%の目標まで持続的な方法で戻すため、今後数カ月間に金利を幾分調整する必要が生じる可能性を、私を含む委員会メンバーの多数が認識している」と指摘した。

その上で、「われわれは指標に基づいてそうした決定を行う。可能性は確かに高まった」と述べた。