ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

鉄鋼価格3年ぶり本格的値上げ、大手各社強気の背景

週刊ダイヤモンド編集部
2008年2月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 鉄鋼価格の値上げが避けられなくなってきた。最大手の新日本製鐵や神戸製鋼所が、2008年度の国内の大口顧客向け主要鋼板を1~2割値上げする方針が表面化してきたのだ。

 実現すれば3年ぶりの本格的な値上げ。その背景には世界的な原料価格の大幅上昇に加えて、鋼材価格を国際価格よりも低めに抑えてきた国内事情がある。

 2007年は、世界的な鉄鋼の需給逼迫で副原料のマンガンやニッケルが3~5月に倍以上に値上がりしたが、鉄鉱石や原料炭など主原料は、年に1度の価格改定が慣例なため、2007年度分は2006年11月に決めた“旧価格”が適用されており、影響はまだ限定的だった。

 ところが、鉱山側はこの“タイムラグ”を挽回すべく2008年度分は大幅な値上げを目論んでいる。それを裏づけるように、交渉は2月に入っても決着がつかない長期戦に突入している。これは過去最大級の大幅値上げをめぐって、タフな交渉が続いているからだとの見方が強い。

 日本の鉄鋼業界の旗色は悪い。たとえば原料炭。日本企業は年間契約を結ぶが、価格の指標となるスポット市場では、水害によるオーストラリアの炭鉱の操業停止もあって、足元では初の1トン200ドルを突破、1年前の2倍の水準に達している。

 当初は2~3割の値上げでの決着を目指していたが、「主原料は5割以上の値上がりもありうる」(大手鉄鋼)と大幅値上げへの覚悟は固まりつつある。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧