[ワシントン 15日 ロイター] - 米商務省が15日発表した8月の小売売上高は前月比0.2%減と、6カ月ぶりの大幅なマイナスとなった。

0.1%増との市場予想に反して落ち込んだ。ハリケーン「ハービー」の影響で自動車販売が減ったことが要因とみられる。個人消費のペースが第3・四半期に鈍化することを示唆した。

7月の数字は当初発表の0.6%増から0.3%増へ下方改定された。

8月の内訳は、自動車が1.6%減と、1月以来の大幅な落ち込みとなった。7月は横ばいだった。8月の最終週にテキサス州に上陸し同州ヒューストンに前代未聞の規模の洪水被害をもたらしたハービーで、自動車の販売が落ち込んだとみられる。ただ今後は、洪水で被害を受けた自動車を買い替える動きが予想され、自動車販売は増えるだろう。

8月の前年同月比は3.2%増と、国内需要の基調的な底堅さを示した。

バンク・オブ・ザ・ウエスト(サンフランシスコ)の首席エコノミスト、スコット・アンダーソン氏は「8月は小売売上高から鉱工業生産に至るまで、ハービーの影響が広範に見られた」と指摘。

商務省の当局者は、小売売上高の統計においてハービーの要因だけを切り離すことはできないとしながらも、企業からは「売り上げにプラスとマイナス双方の影響があったとする声があった一方で、全く影響がなかったとの回答もあった」と付け加えた。

自動車やガソリン、建材、食品サービスを除いたコア売上高は前月比0.2%減だった。7月は0.6%増加していた。コア売上高は、国内総生産(GDP)の消費支出に最も近いとされる。8月にコア指数が落ち込んだことは、第3・四半期に消費支出のペースが鈍化することを示唆する。

建材は0.5%減。7月は0.9%増加していた。ハービーや、フロリダ州を前週末に直撃したハリケーン「イルマ」の被害を受けた復興作業で9月は建材の売り上げが増える可能性がある。ガソリンスタンドは2.5%増。ガソリン価格の上昇を反映した。電子・家電は0.7%減。衣料は1.0%減少した。7月は0.5%増加していた。百貨店は、顧客の来店が減っていることや、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>に代表されるオンライン小売業者との競争激化などで打撃を受けている。

オンライン小売りも8月は1.1%減と、14年4月以来の大幅な落ち込みだった。外食は0.3%増。スポーツ用品・趣味関連は0.1%増だった。

米連邦準備理事会(FRB)は9月19-20日の会合で4兆2000億ドル規模の米国債や住宅ローン担保証券(MBS)の保有資産を縮小し始める旨を発表すると市場はみており、8月の小売売上高が落ち込んだことでこうした見方が変わる可能性は低い。次回の利上げは12月まで待つとの見方が大勢だ。FRBは今年2回利上げしている。

米経済の3分の2以上を占める個人消費は、第2・四半期に年率で3.3%増加し、GDPは年率3.0%増まで勢いが加速した。

労働市場が最大雇用に近い状態であるにもかかわらず賃金の伸びは弱いが、個人消費のファンダメンタルズは底堅い。株式相場は過去最高値水準にあり、住宅価格も上昇し続けていることから資産価値が上がっている。

*内容を追加して再送します。