[ワシントン 15日 ロイター] - マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は15日、制裁や外交による北朝鮮への対応は限界に近づきつつあるとの認識を示した。

同氏は記者団に対し「軍事オプションは存在する」がトランプ政権にとって望ましい選択ではないと語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)