持ち運んでどこででも使える、充電式の超小型プロジェクター「どこでもシアターになるDLP式小型プロジェクター」がサンコーから発売。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて店頭販売中だ。

「どこでもシアターになるDLP式小型プロジェクター」
「どこでもシアターになるDLP式小型プロジェクター」
その気ならポケットに入れて持ち運ぶこともできる、超小型サイズのDLP式プロジェクターがサンコーから発売だ

 まさに手のひらサイズの超コンパクト設計を採用する、DLP方式のプロジェクター。電源いらずの充電式とあって、ポケットに入れて持ち歩き、屋外で楽しむといった自由な使い方が可能だ。

 小型ながら高コントラスト(1000:1)で、最大輝度も80ルーメンと明るい。解像度は854×480ドット、3m先のスクリーンに90型相当の大画面を投影できる。

「どこでもシアターになるDLP式小型プロジェクター」
「どこでもシアターになるDLP式小型プロジェクター」
小型ながら明るく高コントラストで、複数の映像ソースに対応した使い勝手の良さも魅力

 映像入力は、HDMIポートとVGA/AV機器用ポート、USBメモリーや外付けHDD用のUSBポート、microSDカードスロットを搭載。付属のケーブルや市販の変換ケーブルを使用することで、PCやゲーム機、スマートフォン・タブレットなどと接続できる。本体ボタンと付属リモコンで操作でき、高さや角度調整可能なミニ三脚も同梱されている。

 サンコーレアモノショップにおける価格は2万4800円。なお同店では、18日(月)までの三連休は2万2800円のお試し特価でプロジェクターが購入可能だ。50型サイズスクリーン(4800円)と、プロジェクターとスクリーンのセットモデル(2万7800円)もラインナップしている。

「どこでもシアターになるDLP式小型プロジェクター」
「どこでもシアターになるDLP式小型プロジェクター」
3m先に90型相当を投影可能で、明るい店内でも視認できるレベル。なお、同時に50型サイズのスクリーンやセットモデルも販売されている