[サンフランシスコ 18日 ロイター] - 英ソフトウェア会社ピリフォームは18日、同社の無料ソフト「CCleaner」の一部のバージョンが先月、ハッカー攻撃を受けたと発表した。

同ソフトは、パソコン内の不要なデータを削除できるシステム・クリーナー・ソフト。

同社や外部の調査機関によると、問題のバージョンをインストールしたユーザーは200万人以上。インストールすると、パソコンがハッカーの操作するサーバーの指示を受けられる状態になるという。

ピリフォームは警察と協力していると表明。悪意ある指示が検出される前にサーバーとの接続を遮断したと説明している。

ピリフォームは7月に、チェコのウイルス対策ソフト大手アバストに買収された。

ピリフォームによると、ハッカー攻撃を受けたのは8月にリリースした「CCleaner v5.33.6162」と「CCleaner Cloud v1.07.3191」。同社は新しいバージョンのインストールを推奨している。