[ニューヨ-ク 18日 ロイター] - トランプ米大統領は19日に国連総会で行う演説で、北朝鮮の脅威について強い調子で訴える見通しだ。ホワイトハウス当局者が電話で記者団に語った。

当局者は「トランプ大統領は北朝鮮の脅威と同国が米国および全ての国連加盟国の安全保障に及ぼす脅威について極めて厳しい調子で語る」と述べた。

また、北朝鮮の体制を支える存在にも言及する見込みだとした。詳細には踏み込まなかったものの、中国を念頭に置いた発言である可能性が高い。

当局者はトランプ氏の演説について、「国家の主権を基盤に相互協力を実現するよう各国に訴える」内容になるとし、世界的な官僚制度によるトップダウンの仕組みではなく、国家から始まる「ネーション/ステート・アップ」のモデルを提唱するものだと指摘した。

その上で、米国の主権を脅かすものとして、同国に不利な国境管理や貿易、国際協定を挙げた。

*カテゴリーを追加して再送します