[北京 19日 ロイター] - 在中国欧州連合(EU)商工会議所のマッツ・ハルボーン会頭は19日、来月に開かれる中国共産党大会を経て選出される中国の新指導部について、市場開放へのコミットメントを示すよう望むと述べた。

同会頭は記者団に対し「われわれは新指導部にさらなる開放にコミットしている人物が含まれるよう望む」と表明。一方で「加盟各社はこうした変化が起きることにあまり楽観的ではない」とも付け加えた。

同商工会議所は年次のポジションペーパーの中で、各社は「ここ数年、実現されない約束を何度も目にしており、『約束疲れ』を感じている」と指摘した。

ハルボーン会頭は医薬品といった一部業界では開放の進展がみられるとしつつ、中国政府は外国投資に関する無数のカタログや外資に対する規制産業リストを廃止し、「一つの会社法が中国における企業活動を規定する」べきだと述べた。