[香港 19日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は19日、中国共産党指導部との関係を損なっているとして、香港の独立を巡る議論を即刻やめるよう求めた。

同行政長官は香港内の大学キャンパスで香港独立に関する横断幕が掲示されていることについて、単なる言論の自由を巡る問題ではなく、「組織された」キャンペーンだと指摘。「『一国二制度』への明白な攻撃であり、北京(中央政府)と香港の関係を破壊している。香港の発展のためにはならず、やめなければならない」と述べた。