ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダメ社員でも3秒で社内エース!? ぶっちぎり理論38<リバイバル>
【第2回】 2011年10月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
後田良輔 [現役大手3大広告代理店副部長]

【第2回】
現代の松尾芭蕉に変身!
電話で好印象を残し、キーマンに一目置かれる極意

1
nextpage

  読売新聞からAERA、週刊プレイボーイ、はたまた東スポまで。発売直後より各種メディアで大反響を呼んだ『ぶっちぎり理論38』の連載がパワーアップして帰ってきた!
  ダメ社員から「スーパー副部長」にまで上りつめた、現役大手広告代理店営業マンが、著書『<落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる!>ぶっちぎり理論38』では語り尽くせなかったエピソードを惜しげもなく公開する4週連続企画。
  第2回の本日は、ちょっとした電話対応の工夫が好印象を与える「赤ちゃん肌理論」&「復唱OK理論」に加え、著作では紹介しきれなかった「電話で一句理論」が初登場!

相手が切るまで受話器から耳を話さない
“謎の行動”=「赤ちゃん肌理論」

  私が大手広告代理店の名古屋支社にいた頃、「受話器を置くのが、やたらと遅い」先輩がいました(W先輩)。

 明らかに話は終わっているのに、受話器を耳元から話そうとしません。どうやら、「相手が電話を切って、不通音(ツーツー音)が聞こえてくるまで」は、受話器を置かないと決めているようでした。

 受話器の置き方も変わっていました。あいているほうの手で、「フック」をやさしく押してから受話器を置いていたのです。

 おそらく先輩は、「もしかしたら、まだ、つながっているかもしれない」と疑っていたのだと思います。こちらが勢いよく受話器を置けば、「ガチャン!」という音が相手に伝わってしまう。だから、受話器を置く前にフックを押していたのです。

 【W先輩の電話の切り方】
  →相手が切るまで受話器を耳から話さない
  →受話器を置く前に、フックを「やさしく」押す
  →受話器は「受話部(耳につけて、話を聞く部分)」から静かに置く

 W先輩がフックを押すときの力加減は、非常にソフトでした。たとえるなら、赤ちゃんの頬を、ツンツンするくらいの感じ。

 そこで私は、この所作を「赤ちゃん肌理論」と名づけ、マネするようになったのです。

 「ガチャン!」と乱暴に電話を切る人は、「いつも怒っている人」という印象を持たれてしまいます。

 でも、赤ちゃんの肌を触るように電話を切る人は、相手に安心感を与えることができます。

 また、安心感という意味では、初めて電話をかけてきた方の社名と名前をきちんと復唱し、「あなたのことをきちんと把握しています。私はあなたに興味があります」という姿勢をきちんと見せる(「復唱OK理論」)も効果的です。

 ちなみに、W先輩のデスクには、「小さな鏡」「陶器製の小さなお地蔵さん」が置いてありました。W先輩にとって、どちらも「電話で話をするとき」のマストアイテム。鏡を見て「笑顔を確認」しながら電話をしたり、お地蔵さんの柔和な顔を見て、「おだやかな気持ちで、ゆっくり、温和に話しかける」ことを心がけていたのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


後田良輔 [現役大手3大広告代理店副部長]

1972年生まれ。「絶対に失敗しない気配りのツボ」を超具体化し、累計30億円以上稼ぐ、現役大手広告代理店のスーパー副部長。新人時代は、社外から「空気が読めない広告費ドロボウ」、社内では居眠りばかりで「メトロノーム」と呼ばれる。プライベートでも23歳まで童貞。やがてうつ状態となり、半年間社会人をリタイア。その後、デキる社員の行動を2000時間観察し、夜の街に3000万円を投資。ぜんぶ3秒でできる「ぶっちぎり理論38」を開発。見えない気配りの見える化に成功し、業界平均の1000倍に当たる新規扱い10億円の案件や世界連合企業から15億円のプロジェクトを獲得。また、「KHA(こんなの はじめて ありがとう)理論」で、女性にモテはじめ、5人同時に告白されるようになる。


ダメ社員でも3秒で社内エース!? ぶっちぎり理論38<リバイバル>

  読売新聞からAERA、週刊プレイボーイ、はたまた東スポまで。発売直後より各種メディアで大反響を呼んだ『ぶっちぎり理論38』の連載がパワーアップして帰ってきた!
  ダメ社員から「スーパー副部長」にまで上りつめた、現役大手広告代理店営業マンが、著書『<落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる!>ぶっちぎり理論38』では語り尽くせなかったエピソードを惜しげもなく公開する4週連続企画。
  思わず涙を流してしまう「福澤先生理論」や、相手の心をつかんで離さない「その日に速達理論」&「突然チャイム理論」のコラボレーションなど、著書には載せきれなかった新理論も大紹介!

「ダメ社員でも3秒で社内エース!? ぶっちぎり理論38<リバイバル>」

⇒バックナンバー一覧