[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツの欧州経済センター(ZEW)が発表した9月の独ZEW景気期待指数は17.0と、前月の10.0から上昇し、市場予想の12.5も上回った。

現況指数も87.9と、前月の86.7から上昇。市場は86.6に低下すると見込んでいた。

ZEWのワムバッハ所長は、第2・四半期のドイツ経済成長率が堅調な数字となったことで指数が上昇したと説明。安定的な世界の経済成長にも後押しされたとした。

また、同所長は「(今月24日の)ドイツ総選挙が不透明感の要因になった様子は見られない」と指摘したほか、ユーロ高の負の影響に関する懸念は今のところ目立っていないと付け加えた。