Amazon.co.jpは、アマゾンの各種サービスが便利に利用できる10型タブレット「Fire HD 10」を発表した。出荷開始は10月11日の予定。32GBモデルが1万8900円、64GBモデルが2万2980円だが、Amazonプライム会員はクーポンで4000円引きとなり、それぞれ1万4980円、1万8980円で購入可能。

11
フルHDオーバーの液晶を搭載した10型タブが、プライム会員なら1万4980円で購入可能!

 従来モデルと比べると、画面解像度がフルHDオーバーの1920×1200ドットになったほか(従来は1280×800ドット)、メインメモリーも2倍の2GBを搭載するなど、基本スペックが大幅にアップした。それでいて上記の価格なので、一般的なAndroidタブレットと比べてもコスパが高いモデルと言える。

 そのほかのスペック/機能としては、CPUに1.8GHz動作のクアッドコアプロセッサーを搭載、ストレージは最大256GBのmicroSDで拡大可能、10時間のバッテリー駆動、Dolby Atomos対応のデュアルステレオスピーカー、IEEE802.11ac対応など。

 フリップ型の純正カバーも用意されており、価格は4780円。カバーのカラーはブラック、マリンブルー、パンチレッド、コバルトパープルの4色。

11
純正カバーと組み合わせると、縦と横どちらでもタブレットを立てて置くことが可能だ