まずは理容師に相談してみよう
医療機関での治療も進化

 では薄毛が始まってしまったら、もう「諦めて開き直るしかない」のだろうか?

「今は治療法がたくさんあります。育毛トニックで頭皮マッサージというのが基本ではありますが、医療機関での治療も可能ですし、発毛サロンというものもあるんです。効果が即、現れる塗り薬もあるようです。医療機関は看板もなく、スタッフ方の配慮で人にバレない工夫がされています。また発毛サロンとは育毛サロンではありません。育毛は今ある髪を丈夫に育てること、発毛は生やすことです」

 今は様々な治療法があり、薄毛が始まってもすぐに諦めなくてもいいようだ。治療法がたくさんあるということは、若ハゲの方が増えているのだろうか。しかし、バレないとは言え、いきなり医療機関に人目を忍んで行くのにも抵抗がある。

 横浜さんは言う。「まずは行きつけの床屋さんに相談してみてください。理容師は、ほぼ確実に育毛の知識があるので、今のお客様の髪の状態を確認した上でベストな対策法を言ってくれるでしょう。もちろん当店にいらっしゃってもしっかり見させていただきますよ!」

 確かに日本におけるハゲ人口は急増した。しかしハゲた自分に開き直って自信を持つ、しっかりと適切な対策をする、どちらにしても希望を捨てる必要は全くなさそうだ。

(ジャイアント佐藤/5時から作家塾(R))

<取材店の情報>
ザ・スマイルカンパニー
横浜市青葉区あざみ野2-28-2 パールビルB101
045-299-8082
http://tsc-hair.com/