[北京 20日 ロイター] - 中国の王毅外相は19日、国連の会議の合間にベネズエラのアレアサ外相に対し、同国の政府と国民は法的枠組みの中で国内問題を解決し、国家の安定を維持することが可能との中国側の考えを伝えた。中国国営の新華社が20日報じた。

ベネズエラでは、大統領選の前倒し実施を拒否して、野党主導の議会を無効化する制憲議会を発足させたマドゥロ政権に対する抗議デモが4カ月に及んでおり、少なくとも125人が死亡している。

ベネズエラの友好国である中国は、欧米などで広がるベネズエラ情勢に対する非難に同調しない姿勢を示している。

新華社によると、王外相はアレアサ外相に対し、両国は包括的な戦略パートナーシップを結んでいると指摘。「中国の対ベネズエラ政策に変わりはない」と強調した。

また「国際社会は公平で客観的な立場を取り、建設的な役割を担うべき」と訴えた。

中国とベネズエラは特にエネルギー分野で緊密な外交・ビジネス関係を持つ。