[フランクフルト 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は21日発表した経済報告で、ユーロ圏の経済成長は勢いを増しており、失業率が急速に低下していることは心強いものの、インフレ率は持続的な上向きトレンドを示す確固とした兆候が依然として見られず、引き続き景気刺激策が必要だとの見解を示した。

また、堅調なユーロ相場は物価圧力が緩和されることを示唆するため、インフレにとってリスク源になっているとした。

経済報告は今月の理事会後の声明にほぼ沿う内容となっている。

ECBはさらに「幅広い失業指標は多くのユーロ圏労働市場でスラック(緩み)が依然として拡大していることを示唆している」と指摘した。