[ジュネーブ 21日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)は21日、今年の世界貿易量は3.6%増加するとの見通しを発表した。伸び率は4月時点の2.4%から上方修正されたほか、昨年の1.3%から大幅に拡大する。

比較対象となる昨年の貿易量が低水準だったことに加え、アジアの貿易フローが復活するほか、北米の輸入需要が回復することが要因。

WTOは来年の伸び率については3.2%と予想。レンジは1.4─4.4%。