[フランクフルト 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は21日、バブル対処で金融政策頼みは望ましくないとの認識を示した。

欧州システミックリスク理事会のトップとして発言した。

「金融、事業サイクルは非同期化する恐れがあり、インフレが比較的抑制された環境下で、金融不均衡が拡大する可能性があることを示している」と指摘。「こうした環境では、金融政策の活用は金融不均衡に対処する正しい手段でなく、総生産高とインフレが望ましい水準から著しくかい離する事態につながる可能性もある」と述べた。

欧州各金融機関の不良債権水準は、最近前進が見られたもののなお高水準とも指摘した。

ECB金利がマイナス圏にあるなか、西欧大都市周辺など欧州の一部地域で不動産バブルが拡大し始めている。