[国連 21日 ロイター] - 北朝鮮の核問題について、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、緊張が過度に激化して突発的な軍事衝突で平和が破壊されないよう、「安定した方法で」対処する必要があるとの認識を示した。

国連総会で文氏は、北朝鮮を対話の席につかせるため、制裁や圧力が必要と指摘した。新たな挑発行為があった場合、すべての国が国連制裁を厳守し、新たな措置を模索する必要性を唱えた。

文氏は、北朝鮮の崩壊を望まず、一方が他方の国を吸収するか、不自然な形で統一を目指さないとした。

北朝鮮が歴史の正しい側に立つなら、韓国や国際社会に支援の用意があるとも言明した。