[ワシントン 21日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が発表した第2・四半期の家計純資産額は96兆2000億ドルと、前四半期(下方改定)の94兆5000億ドルからやや増加した。米株高のほか住宅価値の上昇により押し上げられた。

家計債務の伸び率は3.7%と、前期の3.4%から加速した。