[国連 21日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は21日に開かれた国連安全保障理事会の閣僚会合で、北朝鮮の核開発は金正恩政権の存続を保証するものではなく、一層の孤立を招くだけだと警告するとともに、北朝鮮抑止で中国の協力を呼び掛けた。

ティラーソン氏は「北朝鮮は核兵器が政権存続を保証すると想定しているかもしれないが、実際は、さらなる孤立、不名誉、貧困につながっていることは明白だ」と強調。

そのうえで、中国が朝鮮半島の非核化を真に望んでいるのならば、米国など諸外国と協力し、北朝鮮に圧力をかけるべきだと訴えた。