[ワシントン 21日 ロイター] - 米国、カナダ、メキシコで北米自由貿易協定(NAFTA)に対し幅広い支持があることが、イプソスの調査で明らかになった。

調査によると、自国のNAFTA加盟を支持するとの回答は米国で58%、メキシコで79%、カナダで74%となった。

協定見直しを良いこととする回答は米国で48%、メキシコで46%となったが、カナダでは33%にとどまった。

また、米回答者の35%はNAFTAによってメキシコが最も恩恵を受けていると回答。一方、米国が最も恩恵を受けているとの回答はメキシコで64%、カナダでは34%となった。