[21日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は21日、米アラバマ州タスカルーサにある同社の高級車部門メルセデス・ベンツの工場に10億ドルを投じる計画を発表した。

世界の大手自動車メーカーが1月以降に発表した米国工場への投資計画は額にして計95億ドルに上り、1万2000人超の雇用が創出または維持されるという。

以下は主要メーカーの投資計画。

●ゼネラル・モーターズ<GM.N>:複数の工場で10億ドル。1500人の雇用を維持・創出。

●フィアット・クライスラー<FCHA.MI><FCAU.N>:オハイオ、ミシガンの2州で10億ドル。2000人の雇用創出。

●現代自動車<005380.KS>:複数の工場で10億ドル。新規雇用規模は未定。

●フォード<F.N>:ミシガン州で12億ドル。新規雇用規模は未定。

●トヨタ自動車<7203.T>:ケンタッキー州で13億ドル。新規雇用はなし。

●BMW<BMWG.DE>:サウスカロライナ州で6億ドル。1000人の雇用創出。

●トヨタとマツダ<7261.T>:合弁工場建設に16億ドル(場所は未定)。4000人の雇用創出。

●ホンダ<7267.T>:オハイオ州で2億6700万ドル。300人の雇用創出。

●ボルボ・カー[GEELY.UL]:サウスカロライナ州で5億ドル。2500人の雇用創出。

●ダイムラー<DAIGn.DE>:アラバマ州で10億ドル。1300人の雇用創出。