[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の銀行監督理事会のハッカライネンECB代表は22日、ユーロ圏の銀行は不良債権の処理がなお不十分と指摘し、政府の支援を待たずに直ちに実施すべきと主張した。

同氏は「不良債権処理の進展が比較的遅いのは、低金利が続く中で問題に対処する誘因が働きにくいことが一因かもしれない」と分析した。

その上で資産の質と不良債権の問題は自らが責任を負うべき問題だと銀行は認識すべきだと訴えた。