[北京 22日 ロイター] - 中国の王毅外相は北朝鮮に対し、危険な路線に固執することをやめるよう呼び掛ける一方で、米国には北朝鮮に対する不可侵の約束を守るよう求めた。外務省が22日、声明で明らかにした。

王外相は国連で21日開催された会議で「いかに状況が変わっても、いかに長期間かかっても、いかに問題が困難であっても、中国は常に朝鮮半島の非核化を目指し、対話を求めることにこだわり続ける」と述べた。