たたんで、しまって持ち運びができる折りたたみ式Bluetoothキーボード「MOBO Keyboard」が販売中だ。ラインナップはブラック(型番:AM-KTF83J-GB)とホワイト(型番:AM-KTF83J-SW)の2モデルが用意される。

MOBO
MOBO
コンパクトなため旅行など出先で重宝しそうな折りたたみ式Bluetoothキーボード「MOBO Keyboard」

 「MOBO Keyboard」は、折りたたむと文庫本サイズに収まるキーボード。標準のキーボードと同じ逆L字の大型ENTERのある83キー日本語配列。ノートPCと同じ打ち心地を実現したアイソレーションデザインのパンタグラフ式で、キーピッチも19mm(一部16.6mm/14.3mmもあり)とした。

MOBO
モバイル向けながら、侮れない打鍵感を実現。安定したタイピングができる

 本体は、耐久性があり高級感のあるアルミボディーを採用。「たわみ」や「がたつき」がなく安定したタイピングができる。なお、タブレットやスマホを立てられるスタンドにもなるケースが付属している。

MOBO
MOBO
ご覧の通り折り畳むとかなり小さい。使用する際も広げてすぐに使える

 Bluetooth接続した機器を、キー操作で簡単切り替えできるマルチペアリングに対応するほか、USBケーブルで有線接続も可能。対応OSはiOS9以降/Android4.1以降/Windows8.1以降と、幅広く利用できる。

MOBO
MOBO
スタンドにもなる保護ケースが付属しているのも嬉しい

 折りたたみ時の本体サイズは幅166×奥行き15×高さ120mmで、使用時は291×13×120mm。内蔵リチウムポリマー充電池のバッテリー容量は210mAhで、連続使用時間最大84時間、充電時間は最大4時間。

 価格は6980円。パソコンショップアークやパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中。さらにアスキーストアでも販売中だ。