東京ゲームショウ2017のソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のブースでは、PlayStation VR(PS VR)対応の最新ゲーム8タイトルを試遊することができる。ジャンルはロボゲー、アクション、FPSと幅広く、長蛇の列ができるほどに注目なタイトルが目白押しだ。

コクピット視点で楽しめる往年の名作ロボゲー

 まず、注目したいのはコナミデジタルエンタテインメントの「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS」。本作はPlayStation 3用に発売された3Dハイスピードアクションゲームのリマスター版。

 解像度が4K、次世代サラウンドフォーマット準拠にリマスタリングされた重厚で臨場感あふれる立体音響と進化を遂げた本作が、PS VRではコクピット視点というロボットゲームならではの360度ビューでプレイ可能に。

SIE
本シリーズは、「オービタルフレーム」と呼ばれる巨大高機動人型ロボットで戦うアクションゲーム

 冒頭のムービーは、2Dのシアターモードで流れ、ゲーム部分になるとVRに移行。コクピット視点なので、まるで本物の「オービタルフレーム」に乗って戦っているような気分が味わえるので、シリーズのファンにとってはたまらないだろう。

SIE
飛び回る敵機は、ホーミングレーザーで蹴散らすのも爽快だ
SIE
VRで体験できるのは艦隊戦。敵の艦隊へ突撃し、ベクターキャノンでひとつずつ落としていく。長い発射シークエンスを見ているだけでも胸熱だ

 体験は時間切れもしくは敵艦をすべて倒すと終了。ブーストで高速移動するが、滑らかな動きのため、酔いづらいように感じた。ロボット好きなら、一度は体験して欲しいタイトルだ。

©Konami Digital Entertainment

世間知らずなお嬢様にドッキドキ

SIE
まさに良家のお嬢様といった雰囲気の「新城ちさと」ちゃん。そんなお嬢様の家にいるという「非日常」を味わえるのもVRならではだ

 幾度となく紳士諸君の心をざわつかせた「サマーレッスン」第3弾に登場するのは、世間知らずのお嬢様である「新城ちさと」ちゃん。

 本作は、彼女に世間一般常識を身に着けるため主人公がレッスンに赴くというストーリー。パソコンやスマホなども知らないので、詳しい貴方に教えて欲しいという。IT男子の諸君は、ニヤニヤしてしまうこと請け合いだ。

SIE
品の良いお嬢様の姿にドッキドキ。良い匂いまで感じそう

 ボックスに入って剣で刺すというマジック用の道具を購入したというお嬢様。マジックを試すことになり、剣でブスリ。VRとわかっていても、ちょっとビビッてしまう。製品版では、どんなレッスン、ストーリーが展開するのか今から楽しみだ。

SIE
下を向くと剣が刺さっている様子が見える。躊躇いもなくズブリと剣を刺していくちさとちゃん。ドSかな?

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

剣と魔法を駆使したアクションが◎

 アクションRPG好きなら知らない人はいないほどのオープンワールド超大作のVR版である「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」。剣以外に炎、氷、雷属性の魔法を扱い、迫るモンスターを倒していく。

SIE
両手を使ってモンスターを倒していく爽快アクションが楽しめる。画面はデモ映像が流れていたので、プレイ中の画面とは異なる

 東京ゲームショウでは、PlayStation Moveを両手に持ちプレイ。指定した場所にワープする移動方式を採用しており、敵のそばにワープして剣で斬る。敵が攻撃してきたら移動して距離を取り、魔法で攻撃といった、アクション性の高い戦闘が楽しめる。

SIE
両手とも魔法をセットすることもできる

 体験では、洞窟で敵を倒しながら進む。通路をふさぐ蜘蛛の糸は魔法で燃やしながら進むと、最後に大型な蜘蛛のモンスターに遭遇。見事倒すと体験が終了。

 太古のドラゴンとの戦闘から険しい山々の探索など、壮大なスケールはそのままに幻想的な世界を高い没入感で楽しみたい人にオススメだ。

The Elder Scrolls V: Skyrim® VR © 2017 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMaxMedia company. The Elder Scrolls, Skyrim, Bethesda, Bethesda Game Studios, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are trademarks or registered trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.

本格レーシングを楽しむならコレ!

SIE

 東京ゲームショウでは、ついに発売する本格レーシングゲーム「グランツーリスモSPORT」を7軸シリンダ制御ドライブシミュレータで楽しめる。ぴっちりと密着するレーシングシートに身を沈め、リアルな振動を身体に感じながら、レースが行なえるので、レースゲーム好きなら満足すること間違いなし。

 PS VRコーナーでは、そのグランツーリスモSPORTをVRモードでプレイ可能。360度で描かれた自分の搭乗した車内から、リアルなコースを見ながらレースができるので、レーサー気分がだいぶ高まる。

SIE
車に乗ってレース場を走る景色というのは、こういうものかと確かな実在感を得ながら楽しめるのが魅力

© Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to beor imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of SonyInteractive Entertainment Inc.Produced under license of Ferrari Spa. The name FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are property of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari Spaproperty under design, trademark and trade dress regulations

 そのほか、「ファイナルファンタジーXV」の世界で、ノクトたちと一緒に釣りが楽しめる「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」や、PS VR用のシューティングコントローラーを使ったリアルな戦場でのFPSが楽しめる「Bravo Team」といった魅力あるPS VR対応タイトルにも注目。

 目移りするほどに魅力的なVRタイトルには、行列ができると思われるので、今からコレと思うタイトルに絞って、東京ゲームショウに体験しに行ってみてはどうだろう。