格安SIM、格安スマホ関連の1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。iOS 11とiPhone 8のリリースに合わせて、動作確認を実施するMVNOが見られた。

11
IIJmioがiOS 11/iPhone 8での動作確認状況を公表している。これまでからの変化は基本的になさそうだ

iPhone 8ではau網で3G非対応に
これによりau MVNOの非VoLTE SIMは使えなくなっている

 先週はiOS 11のダウンロード、iPhone 8の販売が開始された。IIJmioやmineoといったMVNOが、公式ブログ上で動作確認の状況について報告している。

 総合的に情報を見ていくと、従来機種+iOS 11については、iOS 10から基本的に変化はない模様。ドコモ網/au網を用いるSIMともにプロファイルの適用で通信ができ、au MVNOのSIMではテザリングは非対応なのも同じだ。

 一方、注意すべきなのはau MVNO+iPhone 8。auは同社のiPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xが、国内での3G通信(CDMA2000)に対応していないことを公表している(データ通信は4Gのみ、通話もVoLTEのみ)。

11
au網ではiPhone 8やiPhone Xで3G(CDMA2000)での通信はできなくなった

 auではドコモやソフトバンクと異なり、3Gに切り替わって通信が継続される機会はほとんどないため、それ自体は大きな問題にならない。しかし、格安SIMユーザーにとって重要なのは、auのSIM(MVNO含む)にはVoLTE化以前から提供されていた(3Gでも通信可能な)SIMと、VoLTEにのみ対応したSIMの2種類がある点。mineoによる動作確認で、前者のSIMがau版/SIMフリー版の両方のiPhone 8で利用できなくなったことが報告されている。

11
mineoによるiPhone 8/iPhone 8 Plusの動作確認表。VoLTEに対応していないau網のSIMを使っている場合は、ドコモ網のDプランか、AプランのVoLTE SIMに切り替える必要がある

 iPhone 7までは、非VoLTEのSIMでもVoLTEを含めて問題なく利用できたため、そのまま使っていた人もいるだろう。しかし、SIMフリー版であってもiPhone 8に移行する場合は、SIMを切り替える必要がある(IIJmioのようにau MVNOでもVoLTE対応SIMしか提供していないサービスでは、もちろんその必要はない)。

月1000円前後の人気格安データ通信サービス(税込)
(音声通話付きのSIMは前回分をクリック

月1500~2000円台の人気格安データ通信サービス
(すべて税込)

※1:518円/1GBの追加チャージのみ、購入当月のみの利用で繰り越し不可(他は3ヵ月後の末日まで利用可能)。繰り越し可能な1GBのチャージは1188円。