[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比142円98銭高の2万0439円43銭となり、反発して始まった。朝方の外為市場で1ドル112円台半ば付近まで円安に振れたことに反応した。9月期末の権利付最終売買日を26日に控え、権利取りなどの買いが入るとの期待も支えになっている。

パルプ・紙、情報・通信が高く、ゴム製品もしっかり。半面、鉱業、電気・ガスはさえない。