[東京 25日 ロイター] - 日本郵政<6178.T>株の2次売却で、財務省は売り出し価格が1株につき1322円に決まったと発表した。25日終値から2%割り引いた価格で、2015年11月の上場時の価格(1400円)を下回った。

一般投資家への売却は約9億9009万株となる見込みで、郵政が自社株買いに応じた995億円も含め、売却収入は1兆4084億円となる。政府は全額を東日本大震災の復興財源に充てる。

*内容と写真、カテゴリーを追加しました。