[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツの極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のペトリ共同党首は25日、同党会派の一員にはならないと述べ、質問に答えることなく記者会見場を後にした。

24日の総選挙ではAfDが躍進。12.6%の票を獲得したことが国内エスタブリッシュメント層に衝撃を与えた。極右政党が国政に進出するのは過去50年以上で初めてとなる。

ペトリ共同党首は他政党のリーダーとの共同記者会見で「AfDの中身を巡り意見の相違があることをきょうオープンにすべきだと私は考える。社会はオープンな議論を求めており、このことを秘密にすべきではない」と述べた。

ユーロに反対する学者グループによって2013年に設立されたAfDは内輪もめで長らく分裂しており、評論家は国政への進出によって対立が深刻化する可能性があると予測していた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)