[北京 25日 ロイター] - ロス米商務長官は25日、中国の李克強首相と会談し、トランプ米大統領による訪中について、「非常に良い成果」を期待していると語った。

一方、李首相はロス商務長官に対して、両国の共通の利益は相違よりもはるかに大きい、と強調。両国の経済的、通商上の関係はこれまで、両国および世界に多大な恩恵をもたらしてきたとの認識を示した。

トランプ大統領は今秋、アジアで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)やアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議に出席する予定で、その一環として11月に中国を訪問するとみられている。