[ブリュッセル 25日 ロイター] - ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は25日、インフレ目標達成への自信は強まっているものの、忍耐が依然必要との認識を示した。

為替変動は不安定要素であり、注視が求められるとしたほか、経済には引き続きスラック(需給の緩み)があるため、ECBは「潤沢」な緩和を行う必要があるとした。

総裁は欧州議会・経済問題委員会の会合で「総じて、インフレが将来的に目標水準へ向かうことへの自信は強まっているが、同時に、インフレの上向きの道筋を実現するため、非常に大掛かりな金融緩和が依然必要であるとも認識している」と述べた。

また「中期的なインフレ見通しの点で依然、一定の不確実性が認められる。最も顕著なものは為替相場における最近の変動であり、これは不安定要素であり、注視することが求められる」とし上で「したがってわれわれは忍耐強く、かつ粘り強くあらねばならない」とした。