[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は25日、マイナスの中銀預金金利がユーロ圏の融資活動に悪影響を及ぼす前にECBには「十分な猶予」があるとの見解を示した。

クーレ専務理事は「銀行の融資活動へのマイナスの影響はこれまでのところ、総じて均衡した影響によって十分に相殺されているようにみえる」と語った。

そのうえで、こうした状況が永久に続くとは限らないとしつつも、「ECBには十分な猶予があるようにみえる」と語った。