昨年、ZTEのSIMフリースマホのエントリーモデルとして発売された「BLADE E01」。スペックと価格の安さから高コストパフォーマンスモデルとして好評だったが、その後継モデルにあたる「BLADE E02」が発表した。楽天モバイルのSIMカードとのセット販売は今日から、店頭販売は9月29日から開始する。価格は1万7800円(税別)。

ZTE

 スペックはディスプレーが5型(720×1280ドット)、SoCはSnapdragon 210(クアッドコア 1.1GHz×4)、メモリー2GB、内蔵ストレージ16GBだが、OSにAndroid 7.0を採用、約135gの軽量ボディー、最近では珍しい脱着可能なバッテリー、F値2.0の明るいアウトカメラなど、まさに「お値段以上」な性能を誇る。

 カメラはリアカメラが800万画素、フロントカメラが500万画素でどちらにもフラッシュを搭載するうえ、リアがF値2.0、フロントがF値2.2なので、撮影するシチュエーションを選ばない。オートモードでの撮影のほか、ISOや露出などを細かく設定できるマニュアルモード、タイムラプス、GIFメーカー、複数の写真を並べられるコラージュメーカーといった機能も搭載している。

 そのほか、よく使う機能や連絡先が、色分けされた大きなボタンで表示される「ファミリーモード」は、シンプルかつわかりやすいUIで、初めてスマホを使う人やシニア層にも使いやすいだろう。