[国連 25日 ロイター] - 中国の劉結一国連大使は25日、米朝間の言葉の応酬について「極めて危険」との認識を示した。

北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相発言を受け、ロイターの取材に応じた。

劉氏は「事態の沈静化を望む。過度に危険な状態に陥りつつあり、誰の利益にもならない」と指摘。「朝鮮半島の核問題解決に向けて交渉以外に道は無いと(米朝が)認識することを切に希望する。代替的な方策をとれば災難が訪れる」と述べた。