9月24日、ドイツの保守与党は、連邦議会(下院)選挙で予想通り勝利し、メルケル首相(右)の4選が確実になった。ただメルケル氏は、マクロン仏大統領(左)と共同で進めようとしている欧州統合深化に向けた取り組みにおいて、慎重な対応を強いられる恐れがある。パリで8月撮影(2017年 ロイター/Charles Platiau)

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツの保守与党は、24日に投開票された連邦議会(下院)選挙で予想通り勝利し、メルケル首相の4選が確実になった。ただメルケル氏は、マクロン仏大統領と共同で進めようとしている欧州統合深化に向けた取り組みにおいて、慎重な対応を強いられる恐れがある。

 その理由は、与党勢力が第2次世界大戦後初の選挙以降で最も弱体化しそうなため、政権維持に向けて自由民主党(FDP)、緑の党との3党連立という複雑な枠組みを成立させる必要性が出てきたことだ。また移民反対を唱え、欧州連合(EU)に懐疑的な新興右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の議会進出という新たな問題にも直面する。

 メルケル氏にとっては、盤石の大連立政権をバックに議会では歯ごたえのない野党だけを相手にすれば良かった過去12年の首相在任中とは、世界が異なるだろう。

 ドイツ・マーシャル基金のベルリン事務所長、トーマス・クライネブロックホフ氏は「私の考えでは、新政権の最も重要な外交課題を1つ挙げるとすれば、それはユーロ圏改革だ」と語りつつ、保守与党とFDP、緑の党との連立政権でそれを実行するのは難しいとの見方を示した。

 緑の党は24日夜、「欧州強化」が同党の優先課題の1つだと表明した。だがFDPは欧州レベルで政策をさらに統合化することを嫌っている。クライネブロックホフ氏はこうした構図を「(ユーロ圏改革でノーと言う政党とイエスを掲げる政党、漸進主義者の首相という組み合わせ」と描写し、フランスと重要な交渉をするのに決して理想的ではないと述べた。