[北京 26日 ロイター] - 中国を訪問したロス米商務長官は、中国が「米企業に対する公正で互恵的な対応を保証する」必要があるとの見解を示した。

米商務省が26日に発表した声明によると、ロス長官はまた「二国間の貿易・投資関係をリバランスさせる必要がある」と強調し、主要な貿易問題に対する「有意義な行動」を求めた。

商務省の声明によると、ロス長官は米企業の懸念に対処する具体的な行動の必要性を強調。また、協調的な取り組みが結果をもたらさない場合、米国が米国人労働者と企業を守るための行動を取ることを改めて表明した。

声明によると、中国が一段の市場開放に注力し、米企業による市場参加を歓迎したほか、両国は貿易摩擦の解消に向けた協議への支持を表明した。

ロス長官は、米中経済対話を担当する汪洋副首相、国家発展改革委員会の何立峰主任ら高官と会談した。

*内容を追加しました。