99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

最強の癒しキャラクター
「口」で人々を癒す人気者

 本書では、『9code判定法』で世界中の人を9タイプに分類していますが、今回は「湖の七赤」だけに与えられた、「強運への9の質問(ナインクエスチョン)」のち、これだけは会得してほしい“3つ”をご紹介します(残りの6つも、もちろん会得してほしいのですが、まずは、この3つから意識して取り組んでみてください)。

「湖の七赤」の有名人には、松下幸之助、孫正義、ウォーレン・バフェット、マーク・ザッカーバーグ、村上春樹などがいます。

「湖の七赤」のあなたでしたら、これを知れば、人生がダイナミックに変化します。仕事の成果はもちろん、日頃の生活でも、いままでにない“自然体の心地よさ”を五感いっぱいで感じることができるでしょう。

 あなたが生まれながらにして持つ、【本来の素質となる能力】ですので、ぜひ本気になって磨いてみてください。

<<ベストQ1>>
あなたは話すことが得意な人ですか?

「湖の七赤」の原典には「兌為澤(だいたく)」とあります。
 この「兌(だ)」は自然界では「澤」の意味を持ち、水が集まってできる湖を示し、人体では、「口」で雄弁、柔和、愛嬌などを表します。

 そして、この「口」が七赤の人生を豊かにするキーとなります。

 もし、あなたが湖の七赤人であるなら、「トーク」のスキルを何よりも磨く必要があるのです。

 トークによって、人を喜ばせ、愛情をささげていける人間。それが、「湖の七赤」です。
 その“癒しの効果”は他の『9code』の人には到底マネできない、唯一無二の「湖の七赤」としての輝く魅力です。

「湖の七赤」による、人を癒し、喜ばせる力。これは、元から備わっている力であり、それを発揮している人間は、人からとても好かれます。

 いま将棋界を賑わせている、中学生プロ棋士・藤井聡太四段、そして、「ひふみん」こと加藤一二三九段。彼らも、「湖の七赤」です。

 互いにキャラクターは違えども、言葉としぐさで、お茶の間の人々を癒しているからこそ、藤井四段はその愛くるしさで、ひふみんはそのユーモアで、たくさんの人から好かれています。

「毎日アクティブに、心楽しく、言葉豊かに」

 これをテーマとして、七赤の人は、すごしていきましょう。
 動植物が集まってくる、癒しの湖としての「湖の七赤」なのですから、絶対に陰気になってはいけません。
 自分も楽しく、そして、人にも楽しさと癒しを与える。そんな人間を目指していきましょう。