[ブラチスラバ 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのマクチ・スロバキア中銀総裁は26日、経済成長とユーロ高を政策決定時に考慮する必要があるとの認識を表明した。

記者会見で述べた。ユーロ圏景気が勢いを増しつつある一方、ユーロ高がインフレを下押しする影響もみられるとして、ECBは今秋の政策決定時に両方の要素を考慮すべきとの認識を示した。