[リスボン 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのコスタ・ポルトガル中銀総裁は26日、量的緩和の縮小が導入以上に難しくなる公算が大きいとの認識を示した。

リスク関連の会議で「新たな経済、金融状況という点で、新たな領域を目の当たりにしようとしている」と指摘した。