[ワシントン 26日 ロイター] - 米国務省は26日、ティラーソン国務長官が今月28─30日の日程で中国を訪問し、北朝鮮の核・ミサイル開発や中国との貿易などについて協議すると発表した。

国務省のナウアート報道官は、今回の訪問は11月に予定されているトランプ米大統領の訪中の地ならしともなると述べた。

ナウアート報道官は定例会見で、国連のより厳しい制裁を履行するため中国が取っている措置について「重要だ」と指摘。「対中関係は良好だ」とし、これはティラーソン長官の訪中が就任から約9カ月で2度目となることによっても示されていると述べた。

同報道官は「中国は正しい方向に向かって非常に大きな措置を講じている」と述べた。また、「各国ができることはもっとある」と前置きしたうえで、現時点での中国の取り組みに謝意を表明した。